最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    熊谷風俗和紙職人

    街頭を歩いていた人は一瞬のうちに火だるまとなり、瞬く間に真っ黒に炭化した焼死体に変わってしまう。強い光が照らし始めた五秒後、地上から消えてなくなった都心の残骸をたっぷり含んだ爆風が襲いかかってくる。いくつかのビルは、巨大なげんこつで四方八方から突き壊されたように崩れ落ち、別のビルは土台から根こそぎ吹き飛ばされて、山の手の方へ飛んでいく。セントラル・ハークの向こう側に見えるウェストサイドの摩天楼は、南から北へかけていっせいに倒壊する。秒速百八十メートルの爆風が南から北向きに吹き荒れ、数秒後にいったん吹き止んだかと思うと、今度はやや勢いを弱めて反対向きに吹き始める。この間、巨大な火球が空に広がり、十秒間にわたって強烈な熱線を放射してあたりを焼きつくす。その直後に、土砂の厚い察と煙が空を稚い、キノコ雲が垂直に立ち昇る。(キノコ雲の直径は二十キロぐらいにもなる)。太陽の光は厚い雲にさえぎられて、昼間なのに一瞬のうちに暗黒のデリヘル界が訪れる。昔から熊谷ばっかり数分後、熱線を浴びて可燃物が燃え上がる炎や、ガスの木管やガスタンク、石油タンクが爆発する炎が広がって、暗黒のデリヘル界をあかあかと浮かび上がらせる。それとともに、爆風とMじ方向に、強い風がひっきりなしに吹き続く。広島でも見られたのと同じような旋風が、廃虚の上をぐるぐると吹き荒れ、爆風がもたらした気象変化がもとになって、強い放射能を含んだ雨が降り始める。あのねー熊谷 風俗マニアがいてしばらくすると、あちこちで燃え上がった火が一つの大きな塊になるが、この火は主として風の吹き方や強さの違いによって、大火災または火災旋風のどちらかに発達する。

    カテゴリー
    お気に入り